読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クラシブリ

お金のこと、暮らしのこと、あれこれ

軍艦島上陸ツアー*やまさ海運。

 

夫が「長崎市に行くなら、軍艦島に行きたい!」とのことで、予定に入れました。

f:id:lifehabit:20151109143102j:plain

 

予約のこと。

軍艦島に行くツアーは何社か企画されています。2週間前の時点ではどこも満席でした…が!1週間前に見たら、空きが出てて即予約しました。人気なので、早めの予約をオススメします。

 

今回はやまさ海運のツアーで行きました。ここはネットで予約したら、インターネット割引が適用されて1人500円割引になっていました。(結果、1人4,000円に)

|やまさ海運株式会社|観光丸 長崎港めぐり、軍艦島クルーズ、三池島原ライン(島原港~三池港間高速船)

 

ツアー当日の流れ。

私たちが利用したのは、やまさ海運の軍艦島上陸コースです。上陸せずに軍艦島の周りを周遊するだけのコースもあります。

 

まずは、受付・支払を済ませます。9時からのツアーで8時過ぎについたらすでに5組ほどの列が出来ていました。受付は程なくして開きました。

 

この時に必要なのが誓約書です。これにサインしなければ、軍艦島に上陸出来ません。未成年者は保護者の承諾書が必要です。どちらもやまさ海運のHPから印刷できます。また、支払は現金のみです。

 

次に受付の際に教えてもらったターミナルへ向かいます。乗船開始時刻は8時40分からでしたが、受付をすませたらなるべく早めに並んでおくのがオススメです。

 

乗り込んだら、2階の進行方向向かって右側の席に座るのがベストポジションです!軍艦島に着くまでにもいろいろ見どころがあって説明してくれるのですが、それらはほとんど右側でした。

f:id:lifehabit:20151109143253j:plain

 

軍艦島に上陸したら、グループに分かれて3カ所見学出来ます。建物の説明もしてくれます。

f:id:lifehabit:20151109143638j:plain

 

船に戻ったら、軍艦島をぐるっと一周してくれます。この時は右の席の人も左の席の人も見れるように回ってくれました。

 

あとは港に戻って、船を降りるときに軍艦島上陸証明書を受け取って終わりです。軍艦島は今にも崩れそうな箇所がたくさんあって、何年後かに行ったら、また様子が変わっていそうです。

 

▼長崎の旅行のこと♪