読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クラシブリ

お金のこと、暮らしのこと、あれこれ

貯蓄っていくら必要?お金の不安を減らすために、マネープラン表を作っています。

 

貯蓄っていくらすればいいのか分からないですよね。

f:id:lifehabit:20150820141858p:plain

今を楽しみながら、貯蓄をしたい。

貯蓄がないと不安だけど、貯蓄のことを考えすぎて今を楽しめないのも嫌だな〜と思っていました。そこで貯金計画を作ることに。 毎年目標貯蓄金額を決めて、それを達成出来たら、残りは好きなことに使ってもいい(もちろん、欲しいもの・行きたいところがすぐになければ使わずに貯金に回してもOK)としています。

 

今後いくら必要?マネープラン表を作って、必要な貯蓄額を考える。

貯蓄額を考える前に、今後いくらお金が必要なのかシュミレーションしました。我が家の場合、下の3パターンでシュミレーションを作りました。

 

  1. ずっと夫婦二人
  2. 子ども1人
  3. 子ども2人

 

(これは夫婦二人バージョン。こんな感じでエクセルで作りました。)

f:id:lifehabit:20150812091216p:plain

 

収入を予想するのが一番難しいですが、夫が先輩方から聞いた(向こうから言ってきたそう)年収でだいたい何歳で何円くらいかというのが漠然と掴めたので、それを基に作成しました。

 

支出は、今つけている家計簿の数字をもとに作りました。子どもの学費などは複数のサイトをみて、高校から私立パターンで入力しました。

 

あとは定年退職時の残高をいくらにするかを決めて、それを達成するために節約をするのか収入を増やす努力をするのかで数字を調整します。

 

そうして完成した表の差引の欄には、「1年間の収入ー1年間の支出」の金額が入ります。つまり、これがその年に必要な貯蓄額になります。

 

作成するときは細かくしすぎない。

完璧なシュミレーションは作れません。もしリストラにあったら?子どもが留学したいと言い出したら?とか考えると、キリがありません。もし本当にそうなったら、その時に作り直すしかありません。イレギュラーなことは考えずに作りました。

 

作ってみた感想。

子どものお金ってこんなにかかるんだ!とまず思いました…( ・ㅂ・)その代わりにここを削ろうとか、ここで節約しないといけないなとか、これくらいの家賃だと大丈夫だなとかが見えてきました。これを作ったおかげで、だいぶ不安はなくなりました(๑•̀ㅂ•́)و✧